トップページ>バイリンガル・バイカルチュラルろう教育>明晴学園での取組
明晴学園での取組

明晴学園は日本で唯一の
バイリンガル・バイカルチュラルろう教育をおこなう私立学校です。

2008年4月に東京都品川区八潮にて開校した「聞こえない子どもたち」の学校です。

幼稚部と小学部、中学部まで、幼・小・中の12年間、バイリンガル・バイカルチュラルの一貫した教育を受けることができます。

「明晴学園」では、聞こえないことはなにも問題になりません。手話ということばがあるからです。

手話をもとに、子どもたちはあらゆることを話し、また学ぶことができます。もちろん日本語の読み書きも進めます。そして手話と日本語のバイリンガルに育っています。

聞こえなくても聞こえる子と変わりなく学ぶことができるのは、明晴学園に十分な手話の環境が整っているからで、日本にはほかにこのような学校はありません。

詳しくは明晴学園ホームページをご覧ください。