手話の種類?

手話って種類があるの?

一般に手話と呼ばれているものには「日本手話」と「日本語対応手話(手指日本語)」があります。日本手話は明治11年(1878年)に日本で初めて開校した「京都盲亜院」を起源とし、日本語対応手話は昭和40年代後半から栃木聾学校が行った同時法からはじまりました。これらは似て非なるもので、いずれも聞こえない・聞こえにくい人たちにとって大切な言語です。

日本手話と日本語対応手話は何が違うの?

日本手話は、日本語とは別の独立した自然言語です。独特の文法体型をもっていて、日本語とは語順も違います。手指動作は手の形・位置・動きで構成され、手以外のNM(Non-Manual Signals/非手指動作)に文法的な意味があります。手指動作が同じでも、肩の向き・うなずき・顔の表情・眉や口の動きなどによって意味が異なります。また、ものの形や動きをそのまま表現するCL(Classifier/類辞)、一人で何人もの話し手の役割を担うRS(referential shift/指示対象シフト)、人称や代名詞として使われるPT(Pointing/指さし)という独自の文法があります。これらは、ろう者の間から生まれて発展した自然言語で、聞こえにくい・聞こえない子がストレスなく獲得できる言語です。

※文法については、当サイトの「お父さん、お母さんのための日本手話文法講座」、または書籍「文法が基礎からわかる日本手話のしくみ」をご覧ください。

日本語対応手話は、日本語を手や指で表すもので、主に難聴者や日本語を習得した後で手話を学んだ人たちが使っています。音声で話をしながら、その語順に従って手話単語や指文字を表現します。栃木聾学校の同時法を起源とし、聞こえる先生たちによって作られました。名詞や動詞のような単語の意味は伝わっても、単語と単語の関係を示す助詞は省略されるため、正確に文の意味が伝わりにくくろう児には理解しずらいものです。日本手話との違いはCLやRSといった文法表現がないことです。

歌詞に手話単語(手指表現)を合わせて歌う手話歌や手話コーラスは、日本語対応手話の延長といえます。